三沢光晴 ノア試合中に倒れ、搬送後、死亡。(動画・映像あり)

| コメント(0) | トラックバック(1)
13日午後8時45分頃、広島市の広島県立総合体育館グリーンアリーナで、プロレスリング・ノアの試合中だった、ノア社長でプロレスラーの三沢光晴さん(46)が相手選手に投げられ、頭部を強打し、その後搬送先の病院で、午後10時10分になくなったとのことです。


Sp20090613027701.jpg
現在、noahオフィシャルサイトは、アクセス過多で一時的に閲覧できなくなっていますし、2chでは、複数のスレが乱立し、かなりのスピードでレスが伸びており、相当な混乱・衝撃が見られます。これだけでも、影響力ある人だったことを伺いしれます。最初にこのニュースを見た時は誤報かと思いましたが……。

映像や動画などは確認できていませんが、試合は、斎藤彰俊・バイソンスミス対三沢光晴・塩崎豪で、書き込みなどを見ると、斎藤選手のバックドロップが原因とのこと。

詳しいことは分かりませんが、バックドロップがかなりの急角度だったのでしょうか? ベテラン選手が普通のバックドロップでこのような事故に至るとはなかなか思えないのですが、映像などは見ていないので何とも言えません。相手に非があるような類のものではないと思いますが、しかし、こういう事故にいたってしまったという点では、斎藤選手もいたたまれない気持ちでしょうね……。

個人的には、あまりプロレスに興味ありませんでしたが、二代目タイガーマスクとしても有名でしたね。
心よりご冥福をお祈り申し上げます。

※6/14 youtubeに、最後の入場シーン及び、事故直後の映像がありましたので追記




その他古い動画ですが、こちらもyoutubeより。

初代タイガーマスクvs2代目タイガーマスク(佐山聡vs三沢光晴)入場



初代タイガーマスクvs2代目タイガーマスク(佐山聡vs三沢光晴)初コンタクト


三沢タイガー マスクを脱ぎ捨てる




最後に本事故のニュース報道 

最後に、事故が起きた試合の宣伝image(既に削除済みの公式サイトよりキャプ)

トラックバック(1)

トラックバックURL: http://www.enjoy-com.com/mt/mt5/mt-tb.cgi/664

SEOという言葉が新鮮な響きをもって受け入れられていたのも、今は昔。SEMやSMOといった言葉ですら、すでに新しくはなくなっていますが、いずれにせよ、ウェ... 続きを読む

コメントする